目の下のクマを取るスキンケア方法

疲れてないのに、眠くないのに鏡を見るといつもあるそのクマ…本当にどうにかしたいですよね。

目の下にクマがあるだけで、マイナス5歳は老けて見えるのだといいます。
いらないクマは捨て去って、明るく若々しいお肌をゲットしましょう。

ウォータープルーフマスカラが原因

水に強いアイコスメを使ってありがちなことは、クレンジングの際にこすってしまいがちということです。
瞼を指でぐりぐりと擦って洗っていませんか?

摩擦で起こった色素沈着がクマを作り出すので、目元クレンジングは擦らないようにしましょう。
毎日続けることによって、色素沈着は薄まっていずれ消えて行きます。

又、基礎化粧品は美白化粧品サエルのラインがオススメです。
口コミの評判もなかなか良いですよ。
美白化粧品サエル口コミ

ツボ押しで血流促進

クマの黒さは血液の色で、うまく血液が回っていないことを意味します。

スキンケア時や入浴の際、指先3本使って涙袋あたりを優しく指圧するように目頭から目じりへと目の下をツボ押ししましょう。

血が流れてぽっとあたたかく感じたら終了の合図です。

蒸しタオルで疲れ目治療

温めたフェイスタオルを目元に置き、冷めるまでパックしましょう。
心地よい熱が目元をおおい、心の芯から癒すことができます。

メイク前にすると顔色をよくさせる効果もあり、夜のスキンケア時に行うと保湿促進効果もあります。
クマの原因は精神性の場合もあるので、リラックスするアロマの香りをプラスしてもいいですね。

おわりに

クマができてしまう原因はひとつとは限りません。
クレンジング法やスキンケア法、精神的な理由さえもクマを作り出してしまうことがあります。

クマがあるからといってあまり気にせず、明るい気持ちでクマ撃退を続けてみましょう。
ある日鏡を見た自分の顔が、ぱっと華やいでいるはずですよ。

ページ上部へ戻る